Summary

Measurement TWE (Tocos Wireless Engine) radio intensity LQI to compare wire antenna with planar.

Motive

Which is suitable wire or planar antenna?

要約

TWE (Tocos Wireless Engine) の ワイヤおよび平面アンテナの電波強度 LQI を測定し,両者を比較。

経緯目的

ワイヤアンテナと平面のどちらが適当か。


TWE-Lite radio wave intensity comparison ワイヤ式と平面アンテナ強度比較

E4andE5
Photo 6 #4 & #5 on desk


Table 3 DIP LQI 2017-04-28
TimesWirePlanar
1135114
2132111
3141111
4135111
5141111
6141114

I bought TWE-Lite wire and planar antenna. I made wireless sensors #4 and #5 side by side on my steel desk as shown in Photo 6. I checked their antenna performance by LQI value. Slip21 shows their values. Monowireless App_Tag replies LQI. Their Parent Monostick is hooked on ceil over 1.5 m. I recorded LQI values shown in Table 3.

When installing #4 and #5 outdoor, Their LQI values lowered to 60 or 84. It happened that the higher sensitivity #4 was farer than #5. You should choice wire antenna without wire type thick. "Planar type is inferior than wire type", as Monowireless refer to.[2] If you install TWE-Lite sensor indoor and the parent another indoor, you should not choice Monostick as parent. Actually the antenna area of Monostick is smaller than TWE-Lite DIP type antenna.

I might do range test in my worst pair of planar antenna sensor and Monostick.

ワイヤ式と平面アンテナタイプの TWE-Lite を購入してワイヤレスセンサを製作しました。両者のアンテナ性能の違いがいかほどか Slip21 を用いて簡単にチェックしてみました。Monowireless の 無線タグアプリは電波強度の指標となる LQI を親機に返します。[1] その両者をスチール机の上にセットした様子を Photo 6 に示します。#4にはワイヤアンテナ TWE-Lite と温度センサが搭載され, 平面アンテナ TWE-Lite と照度センサは#5に搭載されています。両者のほぼ直上 1.5m の位置に Monostick が吊下されています。得られた LQI の値を Table 3 に示します。

屋外に設置した#4と#5の LQI 値は60とか84に低下しました。受信強度の強かったワイヤアンテナの#4がたまたま遠方への設置となっています。センサ装置の厚みにこだわらければ,受信感度が 良く設置方向の制約の少ないワイヤ式がいいでしょう。平面アンテナは「通信性能はマッチ棒アンテナに劣ります」とあります。[2] 屋外にある別棟内にセンサを設置し,親機も 自宅の屋内設置なら親機を Monostick にするのは歓迎しません。実際 Monostick のアンテナ部の面積をみると TWE-Lite の DIP 平面アンテナモジュールと比べかなり小さいです。

ワーストケースでの組み合わせによるレンジテストをやっておいた方がいいかもしれない。

参照

[1]LQI値から電界強度[dBm]の推定
[2]TWELITE DIPアンテナバリエーション

 

Biwa Lake JAPAN   © Enoki 2017 November 05